結婚25周年記念ハワイホノルルマラソン旅行

 

スイスとパリ旅行記の途中ですが、今年は結婚25周年ということもありハワイに行こうという話が持ち上がりました。そしてどうせならジョギングを続けていることもあるのでホノルルマラソンを走ってみようということで、結婚25周年記念ハワイホノルルマラソン旅行であります。

 

 

ホノルルマラソンを走るということで、日程はほぼ決まりで、ホノルルマラソンが行われるのは12月の第二日曜日ということで、2019年は12/8となります。

 

なので、日程は 12/5(木)のフライトでハワイに向かい、12/12(木)のフライトで日本に帰ってくるという日程となりました。

 

  • 行き:NH184
  • 帰り:NH183

 

です。

 

ANAですので5月から就航予定のA380です:)

 

以前、ヨーロッパ旅行のときにBowing787を予約しました色々不具合があって777に変更になったときがありました。今回はそんなことがなければ良いですが。

 

 

Zermatt

Zermatt散策

さて、GornergratSunneggaマッターホルンを見ながらのトレッキングを計画していましたが、どちらもただのトレッキングとなってしまいました(笑)

 

ということで、Sunneggaから降りてきてZermattの街を散策です。

 

ところがほとんど写真を撮っていなかったらしく、下の二枚だけです(^^;

 

お土産のチョコレートと、留守番をしている息子にモンディーンの腕時計を買って、この日はホテルに戻りました。

 

f:id:takader:20170627154151j:plain

f:id:takader:20170628092506j:plain

 

 

さて、翌日はZermattを離れて、パリ移動に備えてLucernに向かいます。

 

 

Sunnegga

ツェルマット二日目の午後

さてゴルナーグラートから戻ってきて、慌ただしくスネガに向かいます。

f:id:takader:20170627124807j:plain

f:id:takader:20170627125047j:plain
f:id:takader:20170627130831j:plain
Sunneggaに向かう登山電車

 写真上段は、ツェルマットのスネガに向かう登山電車(?)の駅です。ゴルナーグラート鉄道同様、とても電車が走っている様な感じがしないのですが、中に入ってみてわかりました。Zermatt-Sunnegga間は、山の中を貫いているケーブルカーになっているのですね。

下段の写真でわかる様な急な角度で、標高差668mを3分で登ります。

 

 Sunnegga

f:id:takader:20170627133632j:plain

f:id:takader:20170627132001j:plain
f:id:takader:20170627134531j:plain
Sunnegga

写真上段は、スネガからのマッターホルンです。相変わらず雲の中で、絶景を拝むことができません・・・。

 

標高2,288mのここスネガではレストランもあり食事をとることができます。写真左は、お芋の千切り見たいのを焼いたやつにウインナーソーセージをのっけたものです。なかなかの美味ですがボリューミーなので、これ一個を二人でシェアしました。

 

さて、スネガからロープウェイを乗り継いでロートホルンというところから下りながらのトレッキングを楽しもうと計画していたのですが、ブラウヘルト(Blauherd)からロートホルンへのゴンドラはまだおやすみ期間中でした。

 

Blauherdからのトレッキング

f:id:takader:20170627140540j:plain

ということで、ブラウヘルトからのトレッキングです。

ロープウェイをおりたところからこんな感じのところを(雲の中の)マッターホルンを眼前に、ずっとスネガまで降りていきます。

 

f:id:takader:20170627141224j:plain

ゴルナーグラートでのトレッキングに比べると、割と街中に近いところのトレッキングコースのためか、所々ベンチがあったり、写真にはありませんがこのエリアにいる動植物の解説板があったりします。

 

f:id:takader:20170627143555j:plain

そうして30分ぐらい下りてくると、先ほどランチを食べたスネガに到着します。

 

ずっと目の前はマッターホルンですから、天気の良い日だと最高のトレッキングコースかと思います。

 

 

 

さてこの後は、先ほどのケーブルカーでツェルマットの街まで降りて、街を散策しようと思います。

 

 

Gornergrat

ツェルマット二日目

左の写真は、早朝ホテルからマッターホルンに向けての写真です。相変わらず厚い雲で覆われています。 そして右の写真は、Schöneggホテルの朝食です。バフェ形式ですが色々な種類があり、豪華な朝食となっております。

f:id:takader:20170627072136j:plain
f:id:takader:20170627075557j:plain
SCHöNEGGホテルからの景色と朝食

 

さてスイス四日目、ツェルマット二日目は、ゴルナーグラートに行き、そこからリッフェルゼーという湖を通って、Riffelberg駅までトレッキングの予定です。

 

Gornergrat Bahn 

ゴルナーグラートには、ゴルナーグラート鉄道という登山電車で、標高差約1,400mを一気に登って行きます。

f:id:takader:20170627091438j:plain
f:id:takader:20170627092840j:plain
Gornergrat Bahn

f:id:takader:20170627124001j:plain

www.gornergratbahn.ch

 

上段左の写真は、色々なブログで見かけるゴルナーグラート鉄道のツェルマットの駅の写真ですが、お土産やさんの様にしか見えないのですが、奥にはちゃんとホームがあって鉄道の駅になっています(笑) 

 

Gornergrat

f:id:takader:20170627104155j:plain
f:id:takader:20170627101809j:plain
ゴルナーグラート駅

f:id:takader:20170627102249j:plain

f:id:takader:20170627103422j:plain
f:id:takader:20170627103623j:plain
ゴルナーグラートからの景色

ゴルナーグラート駅は、標高3,000mを越えるところにあり、お手軽にアルプスの山々やもの凄い氷河を堪能することができてしまいます。昨日のユングフラウヨッホもそうですが、スイスの観光に入れる力のすごさを感じますね。

しかし、この日はマッターホルンは厚い雲の中・・・

 

ハイキング

マッターホルンは残念ながら厚い雲の中ですが、雨は降っていないので予定通りリッフェルゼーを通りRiffelbergの駅までトレッキングです。

 

f:id:takader:20170627104614j:plain
f:id:takader:20170627105958j:plain
f:id:takader:20170627111936j:plain
f:id:takader:20170627112114j:plain
Riffelseeまでの道のり

天気が良ければ眼前にマッターホルンを見ながらのトレッキングなのですが、一向に雲が晴れる様子はありません・・・

 

f:id:takader:20170627112721j:plain
f:id:takader:20170627113050j:plain
Riffelseeに映るマッターホルン(のはず)

有名な逆さマッターホルンが映る(はず)のRiffelseeです。

 

f:id:takader:20170627140534j:plain
f:id:takader:20170627120041j:plain
f:id:takader:20170627120515j:plain
f:id:takader:20170627120740j:plain
Riffelberg駅までの道のり

Riffelseeを過ぎたあたりから、小雨がパラつく様になりまして、トレッキングの必需品であるレインウェアが活躍しました。。。

 

Riffelberg駅から再びゴルナーグラート鉄道でツェルマットまで戻り、午後はスネガに向かうのでした。

 

SCHÖNEGG CHALET HOTEL

f:id:takader:20170626173113j:plain

Matterhorn Gotthard Bahn

VispからZermattへは、このMatterhorn Gotthard Bahnで山岳地帯を縫うようにきました。この路線は有名な氷河急行と同じところを走ります。

 

f:id:takader:20170626173255j:plain

Zermatt駅前

当初はお昼ぐらいにはZermattに到着している予定でしたが、急遽ユングフラウヨッホをこの日にしたのでZermattに到着したのは夕方頃になりました。

 

とはいえまだ明るいので、駅前ではスイスホルンの演奏などもしていました。

 

さて、Zermattの宿はSCHÖNEGG CHALET HOTELというところです。

schonegg.ch

 

 

f:id:takader:20170627090343j:plain
f:id:takader:20170626174929j:plain
ホテルの入り口

このホテルは山の中腹にあるので、Zermattの駅側から行くと写真左のトンネルようなとこに入っていくと、写真右のようなエレベータがありフロント階まで上がります。

 

f:id:takader:20170626180341j:plain
f:id:takader:20170626180401j:plain
ホテルの部屋

ホテルの部屋はとてもおしゃれな感じで、今回泊まった中では一番充実していましたかね。

f:id:takader:20170626180536j:plain

ホテルからの眺め

奮発してマッターホルンビューの部屋にしたのですが、雲に隠れてしまっています・・・。

 

とはいえ、Zermattの街が一望でき、良い眺めなことは間違いありません。

 

f:id:takader:20170626190322j:plain
f:id:takader:20170626194114j:plain
f:id:takader:20170626194125j:plain
f:id:takader:20170626202717j:plain
f:id:takader:20170626202716j:plain
f:id:takader:20170626210542j:plain
Schönen Chalet Hotel 1日目の夕飯

さてお夕飯です。ちゃんとした(?)レストランで、美味しくいただきました。

 

f:id:takader:20170626211815j:plain

夜の部屋からの眺め

さて、マッターホルンを拝むことはできるでしょうか・・・。

 

つづく

 

Jungfraujoch - Top of Europe

さて、もともとはMännlichen中日の昨日行こうと計画していたJungfraujochですが、天気がイマイチだったので急遽Zermattへの移動日でもある本日行くことに変更しました。

 

昨日であれば、Kliene ScheideggからJungfraujochまでの列車の指定券も購入していたのですが、今日はないのでどうなることやらです。

 

f:id:takader:20170626084448j:plain

Wengen

本日はMännlichenからZermattへの移動日でもあるので、ホテルをチェックアウトしたのち、ロープウェイでWengenまで降りてきたところで、スーツケース3つをロッカーに預け入れました。

 

そしてWebgenからKleine Scheideggまでまずは移動します。

 

f:id:takader:20170626130408j:plain

JUNGFRAUBAHN

そしてKleine Scheideggからは赤いJUNGFRAUBAHNでJungfraujochに向かいます。

 

f:id:takader:20170626092141j:plain
f:id:takader:20170626092922j:plain
JUNGFRAUBAHN 乗車の様子

指定券を持っている人と、そう出ない人で並ぶ列が変わります。そして当然満席です。どっち側のが景色が良いとか選んでる余裕はありません。

 

f:id:takader:20170626093521j:plain

JUNGFRAUBAHNからの景色

窓際には座れませんでしたが、天気が良いので景色は良いです。

 

f:id:takader:20170626100936j:plain

Jungfraujoch

そしてトンネルの中を何十分か走るとTop of Europe Jungfraujochに到着です。

 

3,454m で富士山よりも高い所です。

 

 

f:id:takader:20170626104113j:plain
f:id:takader:20170626102927j:plain
Top of Europe

スフィンクス展望台です。目の前はMönchかな・・。

 

f:id:takader:20170626103154j:plain

アレッチ氷河

Mänlichenn側からだと反対側になるのかな?こんなすごい氷河があるようにはMänlichenn側からは見えませんでしたね。

 

f:id:takader:20170626105713j:plain
f:id:takader:20170626111903j:plain
スノーファン・アイスパレス

左の写真のように表に出ることもできます。また、氷の彫刻などひんやりしたちょっとしたミュージアムのようなものもあります。

 

f:id:takader:20170626124914j:plain

ハイキングコース

Jungfraujohを訪れた人の定番のコースとしては、帰りの電車ではEigergletscher駅で降車して、そこからKleine Scheidegg駅までハイキングを楽しむというものです。

昨日がこんだけ天気が良ければのんびり歩けたのですが、今日はこの後Zermattまで行かなければならないので、泣く泣くKleine Scheideggまで電車で戻っちゃいました。

 

f:id:takader:20170626133220j:plain
f:id:takader:20170626133739j:plain
Wengernalpbahn

天気がいいとどんな写真も絵になります。

まずはKleine ScheideggからWengenまで戻り、そこでスーツケースをピックアップします。幸いなことに乗ってきた電車がWengenでしばらく止まっていたので、急いでスーツケースを出したら、同じ電車に乗ることできまして、そのままLauterbrunnenまで降りていきます。

 

f:id:takader:20170626150917j:plain
f:id:takader:20170626151734j:plain
Interlaken - Spiez

そしてLauterbrunnenからInterlaken Ostまで行き、そこでも乗り換えてSpiezまで向かいます。

 

f:id:takader:20170626153518j:plain

Spiez

Spiezからはオール二階建てのこの電車に乗って、Vispまで行きます。Vispまでの間はほとんどがトンネルでしたね。

 

VispからはMatterhorn Gotthard Bahnに乗り換えます。今回の旅では諦めましたが氷河急行の路線になります。

 

次回からZermatt編です。

Männlichen最終日

晴れた朝

f:id:takader:20170626124330j:plain

Eiger - Monch - Jungfrau

朝からスッキリと晴れています。待ちに待った晴れの日です。この写真は朝日が上がってきた頃、ホテルの部屋から撮影したものです。

 

 

ということで、朝食前にMännlichenの山頂まで散歩です。

 

f:id:takader:20170626130945j:plain

スッキリと晴れた日のEiger, Monch, Jungfrau

左からEiger 3,980m、Monch 4,107m、Jungfrau 4,158mです。いやー、晴れてよかったです。

 

MonchとJungfrauの間には、本日の目的地であるJungfraujochがあります。今回の旅のために新調したCoolpix A900の超ズームでその建物の姿を捉えることができました。

左の写真の真ん中あたりの平らなところにごま粒みたいなところがあると思いますが、そこがJungfraujochです。 

f:id:takader:20170626061753j:plain
f:id:takader:20170626055456j:plain
f:id:takader:20170625213430j:plain
Jungfraujochの建物

真ん中の写真が超望遠で撮影したJungfraujochです。

右の写真はJungfrauに向かう途中の山小屋になります。

 

 

Männlichenの散策路の途中には、アイガーと重ね合わせることで、登山家たちがどういう経路で頂上を目指したのかが一目瞭然のパネルがあったりしました。

f:id:takader:20170626055953j:plain

アイガーのアタック経路

 

f:id:takader:20170626132247j:plain

Männlichenの山頂からLauterbrunnen方面

Männlichenの山頂からLauterbrunnen方面を撮影したものです。一段下のところがWengenでそのさらに下がLauterbrunnenですね。

 

 

Berghaus Männlichen

今回宿泊したBerghaus Männlichenはこんな素晴らしい景色の中にあります。スイス旅行でこの辺りに訪れるのであれば、下の方のホテルに宿泊するよりもオススメです。

f:id:takader:20170626081400j:plain

Berghause Männlichenとユングフラウ三山
f:id:takader:20170626080838j:plain
f:id:takader:20170626080755j:plain
ホテルのレストランからの景色



さて、本日はこの後Jungfraujochに向かいます。